日テレNEWS
政治
2022年4月6日 19:11

夏の参院選 生稲晃子さんが立候補表明

夏の参院選 生稲晃子さんが立候補表明

夏の参議院選挙にアイドルグループ・おニャン子クラブの元メンバーで俳優の生稲晃子さんが、東京選挙区から立候補する考えを表明しました。

生稲晃子さん
「国会議員となって病気と仕事、子育てを両立してきた自分の経験を、政策とか法律、予算というものに反映させていくことができたら、世の中のお役に立てるのではないかと思いまして今回、出馬を決意いたしました」

生稲さんは53歳。かつて、政府の働き方改革実現会議の有識者メンバーとして、自らの乳ガン闘病経験をもとに治療と仕事の両立について政府に提言していました。

自民党の公認候補として東京選挙区から立候補する考えです。

なお、東京選挙区からは自民党の朝日健太郎氏、公明党の竹谷とし子氏、立憲民主党の蓮舫氏、共産党の山添拓氏が立候補する考えです。

また、この他に現時点で立憲民主党の松尾あきひろ氏やファーストの会の荒木ちはる氏、また、NHK党から松田みき氏、小川ゆうき氏、猪野恵司氏、説田健二氏、田中健氏、長谷川洋平氏が立候補する考えです。