日テレNEWS
政治
2015年11月13日 0:38

民主党“解党”は…岡田代表はあくまで慎重

民主党“解党”は…岡田代表はあくまで慎重
(c)NNN

 民主党の岡田代表は12日、前原元代表と野党再編をめぐり意見交換した。前原氏は11日夜、同じ民主党の細野政調会長や維新の党の江田前代表と会談し、年内に両党を解党し新党を立ち上げるべきとの考えで一致していた。

 日本テレビが入手した写真に写っていたのは前原氏と岡田氏。2人は、12日に開かれた秋の園遊会の会場で民主党の解党と新党結成について意見交換した。

 岡田代表は、この際のやりとりについて「いい話ができた」と述べたが、民主党の解党にはあくまで慎重な考えを示した。

 民主党・岡田代表「本質が変わらなければダメだと、看板の掛け替えではダメだということです」

 さらに岡田代表は、細野政調会長に不快感を示した。

 民主党・岡田代表「(細野氏)ご本人も(民主党)執行部だという自覚があれば、そういう発言は軽々におっしゃらないはずだと思います」

 11日夜の会談に出席した一人は「腹を据えてやる」と意気込んでいるが、党内からは「バカだ。党を割らないのが最低条件だ」などと冷めた声が上がっている。

 今後、民主党の存亡をかけた路線対立が激しくなりそうだ。