日テレNEWS
政治
2016年4月5日 4:12

自民・稲田政調会長、ロシア上院議員と会談

自民・稲田政調会長、ロシア上院議員と会談
(c)NNN

 自民党の稲田政調会長が、訪問先のロシアで、クリモフ上院議員と会談した。稲田氏は年内のプーチン大統領の訪日実現に向け、与党として後押しする考えを示した。

 会談で稲田氏は、「北方領土問題が解決し、日露平和条約が締結されれば、日露関係がより進展する」と指摘した上で、年内のプーチン大統領の訪日実現に向け、与党として後押しする考えを示した。

 一方、クリモフ議員は、5月に開かれる伊勢志摩サミットについて、「ロシアと欧米の関係が大きな議題になる」との見方を示した。

 また、モスクワ国際関係大学での講演で稲田氏は、「戦後70年以上、平和条約が締結されていないのは異常だ。この事は安倍首相とプーチン大統領との間で共有されている」「今年は日露関係にとって重要な年になる」と述べた。