日テレNEWS
政治
2016年6月15日 18:01

“領海侵入”中国大使館に懸念を申し入れ

“領海侵入”中国大使館に懸念を申し入れ
(c)NNN

 政府は15日未明、鹿児島・口永良部島付近の日本の領海を中国軍の軍艦が航行したと発表した。これを受け、外務省は日本の中国大使館に懸念を申し入れた。

 防衛省によると、15日午前3時半頃、中国海軍の情報収集艦1隻が口永良部島の西側の領海内を南東に向けて航行しているのを、海上自衛隊の哨戒機が確認した。船はその後、午前5時すぎに領海から出たという。

 これを受けて15日午前、外務省の金杉アジア大洋州局長が中国大使館の劉少賓次席公使に懸念を申し入れた。世耕官房副長官は今月9日にも沖縄・尖閣諸島周辺の接続水域に中国海軍の艦艇が入っていることから、「中国軍の活動全般に対する懸念を申し入れた」としている。

 中国の軍艦の領海侵入は2004年の沖縄・先島諸島周辺での原子力潜水艦による侵入以来で2例目。