×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

陛下の「退位」専門家へのヒアリング開始

2016年11月7日 17:39
陛下の「退位」専門家へのヒアリング開始

 天皇陛下の「退位」について話し合う有識者会議は、3回目の7日の会合から、専門家へのヒアリングを始めた。

 ヒアリングでは、天皇陛下の公務の負担を軽減するために退位の是非に限定せず摂政を置くことや国事行為を委任することなどについて幅広く意見を聞く予定。

 7日は歴史学者の古川隆久・日本大学教授やノンフィクション作家・保阪正康氏ら5人の専門家から意見を聞いている。

 東京大学・平川祐弘名誉教授「非常にありがたいんですけれども、(陛下が)ご自分で定義された拡大された役割を果たせないから退位したいというのは、そのお考えはちょっとおかしいんじゃないかと私は感じました」

 日本大学・古川隆久教授「今の形が一番安定的に皇位継承ができるけれども、みんなでちゃんと議論した上であれば『生前退位』という形もあり得るのでは」

 ノンフィクション作家・保阪正康氏「皇室典範を皇室法に改定することを前提にした特例法であるべきだ」

 有識者会議は7日から3回にわたって専門家からヒアリングを行った上で、来月にも論点を整理することにしている。