×

【速報】処理水海洋放出めぐり全漁連会長「今後数十年の長期にわたり国の責任で必要な対策を講じることを求める」岸田首相に伝える

2023年8月21日 16:59

福島第一原発の処理水の海洋放出をめぐり、岸田総理大臣は全漁連=全国漁業協同組合連合会の坂本会長と会談しました。

会談で岸田首相は、「国として、海洋放出を行う以上、廃炉及びALPS処理水の放出を安全に完遂すること。また、漁業者の皆様が安心してなりわいを継続できるよう、必要な対策をとり続けること。たとえ、今後数十年の長期にわたろうとも全責任を持って、対応することをお約束いたします」と述べ、政府の方針への理解を求めました。

これに対し、全漁連の坂本会長は「ALPS処理水の海洋放出に反対であるということは、いささかも変わりはしない。しかし一方で、科学的な安全性への理解、というものは、深まってきた」と述べました。また「今後数十年の長期にわたっても、必要な対策を講じ続けることを強く求める」と述べ、風評被害対策の徹底を求めました。

その後、改めて岸田首相が「今後、数十年の長期にわたろうとも、政府全体として責任を持って対応する」と述べたのに対し、坂本会長は「漁業者の思いや漁業者のなりわい継続に寄り添った政府の姿勢と、安全性を含めた対応について、我々の理解は進んできている。本日の総理の発言、『たとえ数十年たっても、国が全責任を持って対応をしていく』は非常に重い発言。私どもその重い発言をしっかり受け止めていきたい」と応じました。

会談をふまえ、政府は22日に関係閣僚会議を開く方針を固めました。週内に海洋放出する方向で最終調整しています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 政治
    • 【速報】処理水海洋放出めぐり全漁連会長「今後数十年の長期にわたり国の責任で必要な対策を講じることを求める」岸田首相に伝える