日テレNEWS
政治
2019年11月30日 2:34

米軍離着陸訓練 馬毛島への移転で正式合意

米軍離着陸訓練 馬毛島への移転で正式合意
(c)NNN

アメリカ軍の空母艦載機が行う離着陸訓練の移転候補地である鹿児島県の馬毛島について、政府と地権者が約160億円で売買することで正式に合意したことがわかった。

この訓練をめぐっては、2011年に日米両政府が交わした文書の中で、東京都の硫黄島からの移転候補地として、鹿児島県の馬毛島が明記されていた。

政府と地権者は今年1月に約160億円で大筋合意していたが、その後、地権者側の意見対立などもあり、交渉は停滞していた。政府関係者によると、地権者との交渉が合意に至り、約160億円で売買することで改めて書面を取り交わしたという。

政府は、馬毛島を南西方面の防衛拠点とする方針。