×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • “統一教会”問題 野党“被害者救済法案”提出求める 岸田総理「今国会念頭に準備」

“統一教会”問題 野党“被害者救済法案”提出求める 岸田総理「今国会念頭に準備」

2022年10月18日 11:43

国会で、いわゆる統一教会の問題をめぐり野党側は、岸田総理大臣に対し被害者を救済するための法案を今の国会に提出するよう求めました。

岸田総理大臣は、救済のための改正案について今国会での提出を念頭に準備を進めると述べました。

立憲民主党・長妻政調会長「旧統一教会悪質献金被害救済法案(立憲などが)昨日提出いたしました。法律の改正ですね、これはもちろん今臨時国会に提出するということでよろしいんですね」

岸田総理「作業を進めて、今国会を念頭に準備をこれから進めてまいります」

野党側は、宗教法人への解散命令請求が認められる法令違反の要件について「刑事的確定判決に限るのか」とただしました。

これに対し、岸田総理は「民法の不法行為は入らないという解釈だ」と答えました。

また、いわゆる統一教会をめぐり政府の相談窓口に寄せられた相談の中に、警察につないだ案件があることを明らかにし、「刑法をはじめとする様々な規範に抵触する可能性がある」との認識を示しました。

野党側は、また調査の対象外となっている教団の関連団体についても調査を行うよう求めました。

岸田総理は、教団への調査の中で「関連団体につながるようなものがあれば情報収集、実態把握につとめていく」と述べました。