日テレNEWS
政治
2019年12月17日 21:52

枝野氏と玉木氏 合流へ“話し合い”で合意

枝野氏と玉木氏 合流へ“話し合い”で合意
(c)NNN

立憲民主党の枝野代表は、政党同士の合流を呼びかけている国民民主党の玉木代表と会談し、合流に向けて幹事長同士で話し合いを進めることで合意した。

立憲民主党・枝野代表「玉木代表の方からは私の申し入れに対して前向きなお話をいただいたというふうに理解を致しております。両幹事長の間で早急に話し合いを始めて、そして話し合いを積み重ねていくということで合意を致しました」

立憲民主党の枝野代表は今月6日、「政権交代可能な政党を作る」として、国民民主党や社民党などに対し、合流を呼びかけた。

17日の党首会談で国民民主党の玉木代表は党内での議論を踏まえ、呼びかけに前向きに応じる考えを示した。今後、両党の幹事長同士で話し合いが進められる。

ただ、玉木代表が「対等な合流」を主張しているのに対し、立憲民主党側はあくまで「他の党を吸収する合併」との方針を変えていない。

国民民主党内は参議院議員を中心に合流に反対の意見が多く、話し合いの結果によっては国民民主党が分裂する可能性もある。