×

日本上空通過せずJアラート情報訂正 北朝鮮“ミサイル”発射

2022年11月3日 11:00

北朝鮮が3日朝、少なくとも3発のミサイルを日本海方面に発射しました。国会記者会館から中継です。

岸田総理大臣はさきほどミサイルのうち1発はICBM・大陸間弾道ミサイルの可能性があると述べました。

また、政府は1発目に発射されたミサイルについて日本列島の上空を通過したとJアラートで発表しましたがその後、実際には通過していなかったと訂正するなど情報が錯綜し混乱しています。

浜田防衛大臣「7時40分ごろに発射されたものは日本列島を越えて飛翔する可能性があると探知しましたので、Jアラートにてその旨公表した。その後当該情報を確認したところ、ミサイルは日本列島を越えず、日本海上空にて消失したことが確認されましたので訂正します。その原因等については現在分析中であり、分かり次第お知らせします」

浜田防衛大臣は北朝鮮が発射した1発目のミサイルについて「高度およそ2000キロ、およそ750キロ飛翔し日本海に落下した。中長距離の弾道ミサイルと思われる」「きのうも23発以上のミサイルを発射しており緊張感をもって、警戒監視にあたる」と述べました。

一方、岸田総理大臣は記者団に対し「連日続く弾道ミサイル発射は暴挙であり、決して許されるものではない」と非難しました。

また、さきほどミサイルのうち1発はICBM・大陸間弾道ミサイルの可能性があると述べました。