×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 立憲・泉代表「政権を任せられると認知をされる勢力になり得なかった」 辞任する考えはないことを明らかに

立憲・泉代表「政権を任せられると認知をされる勢力になり得なかった」 辞任する考えはないことを明らかに

2022年7月11日 1:46
立憲・泉代表「政権を任せられると認知をされる勢力になり得なかった」 辞任する考えはないことを明らかに

立憲民主党の泉代表は、参院選の結果について、「政権を任せられると認知をされる勢力に、なり得なかった」と述べました。

その上で、代表を辞任する考えはないことを明らかにしました。

泉代表は、参院選の結果について、「昨年の総選挙以降、政党支持率においても、維新に逆転を許すという状況の中からのスタートで極めて厳しい舵取りだった」とした上で、「自民党に対して不満はあれども、 それ以外に政権を任せられるだけの勢力と認知をされる勢力に、なり得なかったと痛感をしている」と述べました。

また、責任のとり方について問われると、「当然ながら責任を負う立場にある。 結果がまだ出ていないので踏まえて参りたい」と述べる一方、代表を辞任する考えはないことを明らかにしました。

執行部の刷新についても「現時点で考えていることはない」と述べました。

1人区で多くの議席を落としたことについては、「右の野党、左の野党、野党の中で対決姿勢を見せるという中で、 なかなか一つにまとまる姿を構築をできない環境が続いていた」と述べ、野党の連携が不調だったことが原因の一つであるとの認識を示しました。