×

葉梨法相が発言を謝罪~辞任、撤回はせず

2022年11月10日 9:49

葉梨法務大臣は、「法務大臣は死刑のはんこを押した時だけニュースになる地味な役職だ」などと発言したことについて10日朝になって謝罪しました。ただ、辞任は否定し、発言も撤回しませんでした。

葉梨法務大臣「法務省の職務を軽んじるような印象を与えたとすれば、率直にお詫びを申し上げる。言動には慎重を期しながらしっかりとした仕事を職責を全うしていきたい」

葉梨法務大臣は、9日夜、自民党議員のパーティーで「法務大臣は死刑のはんこを押した時だけニュースになる地味な役職だ」などと発言したことを受けて、10日朝、松野官房長官に官邸に呼ばれました。

松野長官は、葉梨大臣に対し「軽率な言動がないように」と厳しく注意しました。

会談後、葉梨大臣は、「発言の一部を切り取られたという形であっても自分たちの仕事を軽んじているかのような印象を与える発言は慎重にしていく。法務大臣の仕事は極めて重要な仕事だ。真意をしっかりと説明をしていく」と述べるにとどめ発言を撤回しませんでした。

岸田総理は周辺に「説明をしっかりして職責を果たしてもらいたい」と話すなど続投させる意向を示しています。

ただ、野党側は、「一発レッドカードだ」と話すなど葉梨大臣の資質と岸田総理の任命責任を追及する方針です。