日テレNEWS
政治
2021年5月5日 19:16

“宣言延長”菅首相「今週中に判断したい」

“宣言延長”菅首相「今週中に判断したい」
(c)NNN

政府は、東京、大阪、京都、兵庫に発出している緊急事態宣言について、来週11日までの期限を延長する方向で調整を進めています。5日夕方、菅首相は今週中に判断する考えを表明しました。

   ◇

夕方になり、慌ただしい動きを見せたゴールデンウイーク最終日の首相公邸。午後4時前、姿を見せたのは田村厚生労働相。さらに加藤官房長官、西村経済再生担当相らが続々と菅首相の元へ。関係閣僚が集まり、緊急事態宣言の今後の対応について協議したのです。

現在、東京・大阪・京都・兵庫に発出している緊急事態宣言。期限は5月11日までとなっていますが、政府高官は…

政府高官
「緊急事態宣言の効果をもう少し見たいが、休業要請もしている中、来週11日の直前に判断するわけにはいかない。宣言を延長するしかない」

政府は宣言を延長する方向で調整を進めていて、2週間程度延長する案などが検討されています。

そして、午後5時頃終了した関係閣僚らとの協議。菅首相は…

菅首相
「緊急事態宣言、そして、まん延防止等重点措置。この扱いについては、専門家のご意見を伺った上で今週中に判断したい」

「人流は間違いなく減少している」と話し、延長については今週中に判断するとしました。

その東京では新たに621人の感染を確認。大阪では668人の感染を確認、兵庫県では331人の感染を確認し、関西でも高止まりの状況が続いています。

吉村知事は4日…

大阪府 吉村知事
「今の緊急事態宣言の措置の内容を緩めたり解除するのは難しいと思っている」

大阪府の幹部によりますと、府は宣言の延長を政府に求める方向で最終調整に入っていて、「5月末まで」とする意見が出ているということです。