×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 通常国会召集 午後、岸田首相が施政方針演説へ “説明不足”払拭なるか

通常国会召集 午後、岸田首相が施政方針演説へ “説明不足”払拭なるか

2023年1月23日 10:21

通常国会が23日、召集されました。午後には、岸田総理大臣がことしの政権運営の方針を示す施政方針演説を行います。国会から中継です。

       ◇

「防衛力」や「原子力」政策で「歴史的転換」と言われる変更が「拙速」だったと批判を受ける岸田総理。

この国会は国民の理解を得るため「聞く力」だけでなく「説明する力」が求められます。

去年の年末岸田総理が「防衛力の抜本的強化と増税」そして「原発の建設方針の見直し」など政策を抜本的に変更したことに与野党から「説明不足、拙速」といった批判が出ている中での国会となります。

「説明不足」との批判をどこまで払拭できるかがカギを握ります。
岸田政権としてはいわゆる統一教会の問題や、4人の閣僚の辞任などにより支持率が低下する中での国会となります。

政権として最重要政策と位置づける「異次元の少子化対策」や「構造的な賃上げ」の実現さらに、春には新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを「5類」に引き下げるなどの政策を打ち出し支持率の回復を狙います。

対する野党側ですが、立憲民主党と日本維新の会が防衛増税反対などで共闘することで一致。23日朝も合同で国会対策会議を開くなど連携を強化しています。

ただ野党側も対案や戦略が定まっているとは言えず、存在感がいまひとつです。

与野党双方が正念場を迎える中論戦の火ぶたが切られます。