×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 松野官房長官を追及「適切に対応」8回繰り返し… 安倍派の裏金“1億超”か 政権に影響は

松野官房長官を追及「適切に対応」8回繰り返し… 安倍派の裏金“1億超”か 政権に影響は

2023年12月9日 1:42
自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、松野官房長官側が1000万円を超えるキックバックを受けていたとみられることがわかりました。記者や野党から直接厳しい追及を受けたのですが、「適切に対応」という言葉を繰り返しました。

    ◇

8日、松野官房長官は朝から大勢の記者に囲まれていました。

――5年で1000万円超えキックバックは事実か

松野官房長官
「今から閣議がありますので記者会見で対応します」

――自身の進退については?

松野官房長官
「記者会見で対応します」

収支報告書に記載のないキックバックが直近5年間で1億円を超えるとみられる、自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題。

これまで、関係者への取材で10人以上にのぼる議員がノルマ超過分のキックバックを受けていたとみられることがわかっています。8日、追及の矛先は松野長官個人へ集中することになりました。

松野長官側が直近5年間で、1000万円を超える収支報告書に記載のないキックバックを受けていたとみられることがわかったのです。

松野長官は7日も“裏金疑惑”について回答を避けていました。

松野官房長官
「この場は政府の立場としてお答えしていると認識しています」

8日朝も…

松野官房長官
「政府の立場として臨んでいる。政府の立場として参加をしており、お答えを差し控えるべきであると認識していますが…」

記者からの質問はすべて“パーティー券問題”でしたが、同じ言葉を繰り返しました。

    ◇

立憲民主党 枝野幸男議員
「金額は5年間で1000万超えると、こうした話、松野官房長官と話していませんか」

国会ではちょうど、自身の疑惑について話が及ぶなか、会見を終えた松野長官が合流しました。席につくなり、野党から厳しい追及が始まります。

立憲民主党 枝野幸男議員
「松野長官帰ってこられたので、(パーティー券の)ノルマを超えた分を派閥の方には報告計上せずに自分のところで抱えていた、そういうケースはあったんですか、ないんですか」

松野官房長官
「派閥の政治資金の取り扱いについては刑事告発がなされ、それに関連して捜査が行われていると承知をしており…」

立憲民主党 枝野幸男議員
「よく聞いてください、私派閥のこと聞いていません。あなたの政治資金の取り扱い、あなたが売ったパーティー券のことをちゃんと派閥に報告したんですか」

松野官房長官
「派閥が現在、政治資金に関しまして刑事告発をなされ、それに関連して捜査が行われているものと承知をしており、そうしたことを踏まえ、私の政治団体についても精査し適切に対応したいと考えています」

席に戻るなか、「答えてないよ!」「逃げてるじゃないか」といったヤジが飛んでいました。説明を拒み続ける松野長官に、質疑は一時中断。

立憲民主党 蓮舫議員
「内閣の要が政治と金の疑惑直撃されているのに当人は何も答えない。更迭してくださいよ」

午後には、野党が岸田首相に対し松野長官と西村経産相について更迭するよう迫りましたが、岸田首相は現時点では続投させる考えを示しました。

松野官房長官
「私の政治団体に関しては適正に処理をしてきたと考えています」

続く追及に、「適正に処理をしてきた」と述べる場面もありましたが、会見ではこの発言について質問が出ました。

――参院予算委でご自身の会計を「適正に処理してきたと考えている」と…報道は誤報でしょうか

「派閥において事実確認がなされている最中であり、私の政治団体についても精査して適切に対応していきたい」
「適切に対応して…」
「適切に対応していきたい」

改めて「適切に対応」という言葉を8回繰り返し、詳しい説明はありませんでした。

政権の中枢に及んだ、“裏金疑惑”。今後の政権運営への影響は――

日本テレビ政治部 平本典昭官邸キャップ
「政権発足以来、最大のピンチを迎えたと言っていい。松野さんが仮に辞めても『次は誰か』という話になるので、問題解決に向けた着地点が見えてこない」
「また、ある閣僚経験者は『官房長官が辞めれば政権はもたない』と指摘していて、自民党内には人事はもちろん、『年内の総辞職だってあり得る』という声すら出ている」

(12月8日放送『news zero』より)