×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 自民“パーティー券”問題 安倍派の塩谷座長、販売ノルマの存在と所属議員への“キックバック”認める

自民“パーティー券”問題 安倍派の塩谷座長、販売ノルマの存在と所属議員への“キックバック”認める

2023年11月30日 16:17
自民党の派閥のパーティー券を巡る問題で、最大派閥・安倍派の塩谷座長は販売ノルマの存在に加え、所属議員に対しノルマを超えた売り上げを払い戻すキックバックを行っていたことを認めました。

塩谷立座長
「ノルマというか割り当てね、っていうか、そういうことで皆さんがた(所属議員)に、しっかりとパーティー券を販売してもらうということはあります」

--ノルマを超えた部分について還流(キックバック)というかですね、ご自身あるとかあるいは見聞きしたことあるとかその辺いかがでしょうか

塩谷立座長
「そういう話はあったと思いますね」

塩谷氏は、安倍派の政治資金パーティーで、所属議員に販売ノルマが課されていることを認めた上で、ノルマを超えた分の売り上げは議員にキックバックしていたことを認めました。

こうしたキックバックが、派閥や所属議員側の収支報告書に記載されず裏金となっていた場合は、政治資金規正法違反に問われる可能性があります。

塩谷氏は「キックバックは裏金にはなっていないと思うが、調べてはいない。調べるかも決まっていない」と述べています。