×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 台風7号 15日(火)に東海~近畿に上陸か “暴風”“大雨”に厳重警戒を

台風7号 15日(火)に東海~近畿に上陸か “暴風”“大雨”に厳重警戒を

2023年8月13日 11:33

強い台風7号が北上中です。15日(火)には、暴風域を伴ったまま東日本や西日本に上陸するおそれがあり、厳重な警戒が必要です。

強い台風7号は八丈島の南の海上にあって、北西へゆっくり進んでいます。そして、15日には向きを北よりに変えて、風速25メートル以上の暴風域を伴ったまま、東海から近畿地方にかなり接近し、上陸する可能性が高まっています。その後、日本海に進み北上する見込みです。

東日本から西日本の太平洋側では、14日(月)から15日にかけて雨や風が強まり、走行中のトラックが横転するほどの猛烈な風が吹くほか、局地的に非常に激しい雨が降って、雨量がかなり多くなるおそれがあります。

14日朝から15日朝までの予想雨量は、東海で300ミリから500ミリ、関東甲信と近畿で200ミリから300ミリなどとなっています。

その後、16日(水)朝までの24時間には、さらに、東海で300ミリから400ミリの雨が降る見込みです。

13日(日)のうちにハザードマップを確認するなど、台風への備えを進め、14日以降は交通機関の乱れにも注意してください。