日テレNEWS
社会
2014年10月24日 10:56

温泉ではない浴場を「温泉」表示 南知多町

温泉ではない浴場を「温泉」表示 南知多町
(c)NNN

 愛知県南知多町の旅館が旅行情報サイトなどに、温泉ではない浴場を「温泉」と表示するなどしたとして、消費者庁から行政処分を受けた。

 23日に措置命令の行政処分を受けたのは、南知多町の旅館を運営する「豆千待月」。消費者庁によると、「豆千待月」はインターネットの旅行情報サイトなどに、12年11月から今年3月まで、温泉ではない貸切浴場を「温泉」と表示していた他、去年10月頃から今年2月まで「天然とらふぐを使った料理」と表示しながら、実際には「養殖のとらふぐ」や、より安い「ごまふぐ」を提供していたという。

 消費者庁はこれらの表示について、消費者を誤解させるとして、再発防止策などを求める措置命令を行った。