日テレNEWS
社会
2015年6月16日 15:25

火口から約4キロ離れた場所で火山灰確認

火口から約4キロ離れた場所で火山灰確認
(c)NNN

 16日午前9時半ごろ、ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、火口から約4キロ離れた場所で火山灰が降り積もっているのが確認された。

 気象庁の観測によると、群馬と長野の県境の浅間山で午前9時30分ごろ、噴火が発生したという。火口から約4キロ離れた「火山博物館」では、駐車場に止まっていた車や植え込みの葉っぱなどに火山灰が降り積もっているのが確認できた。

 一方、火口から4キロ以上離れたキャベツ畑などでは、降灰は確認されていない。気象庁では噴火警戒レベルは2から引き上げないとしているが、今後も小規模な噴火の恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。