日テレNEWS
社会
2022年7月19日 16:33

九州南部であすにかけて非常に激しい雨、北陸や東北でも発達した雨雲も 引き続き厳重な警戒を

九州南部であすにかけて非常に激しい雨、北陸や東北でも発達した雨雲も 引き続き厳重な警戒を

前線や湿った空気の影響で、全国的に大気の状態が非常に不安定になっています。

九州や近畿では、猛烈な雨の降った所もあり、引き続き、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

前線に向かって非常に湿った空気が流れ込んでいる影響で、九州北部や山口県では、18日夜遅くから19日朝にかけて線状降水帯が相次いで発生しました。

12時間で降った雨の量は、山口県・美祢市東厚保で213ミリと、観測史上1位を記録したほか、萩では167ミリと、7月として1位の大雨となりました。

九州北部の大雨は、峠は越えたとみられますが、九州南部では、今後も発達した雨雲が次々と流れ込み、20日昼前にかけて非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。

北陸や東北でも、発達した雨雲のかかる所がありそうです。

20日夕方までの予想雨量は、九州南部で180ミリ九州北部で120ミリなどとなっています。

これまでの雨で地盤の緩んでいる所もあります。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重な警戒が必要です。