日テレNEWS
社会
2019年8月6日 10:21

台風8号 九州縦断 暴風や土砂災害に警戒

台風8号 九州縦断 暴風や土砂災害に警戒
(c)NNN

台風8号は強い勢力のまま6日午前5時頃に宮崎に上陸したあと、九州を縦断している。長崎市から中継で伝える。

長崎県内は全域が台風8号の風速15メートル以上の強風域に入っている。気象台によると、雲仙岳では最大瞬間風速32.1メートルを観測した。

島原市や平戸市など四つの市で、警戒レベル3の「避難準備情報」が出されている。県によると午前6時現在、13の市と町で475世帯543人が自主的に避難している。

県内は夕方までに、多いところで1時間に70ミリの雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。気象台は暴風や高波、土砂災害などに警戒するよう呼びかけている。