日テレNEWS
社会
2021年2月20日 14:19

コロナワクチン接種でじんましん 副反応か

コロナワクチン接種でじんましん 副反応か
(c)NNN

新型コロナウイルスのワクチンは5000人以上の医療従事者が接種を受けましたが、政府によりますと、副反応の疑いのあるじんましんの例が報告されたということです。

首相官邸のツイッターによりますと、19日、富山労災病院で副反応の疑いがあるじんましんの発生が報告されたということです。

厚生労働省のまとめでは、19日午後5時までに5039人の医療従事者が接種を受けました。接種後、何らかの症状が出た場合、医師の判断で、ワクチンとの関連が確定していない段階で、幅広く、国に報告する仕組みとなっていて、「副反応の疑い」の報告はこれが初めてです。

ワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を防ぐ一方、副反応がみられることがあります。アメリカの疾病対策センターは、全身のじんましんなどに加え、呼吸困難や意識を失うような重いアレルギー症状「アナフィラキシー」は接種20万回に1回の割合で起きたと発表しています。