×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】四国~東北の太平洋側中心に雷伴う激しい雨 東海・北陸・九州中心に猛烈な暑さ

【天気】四国~東北の太平洋側中心に雷伴う激しい雨 東海・北陸・九州中心に猛烈な暑さ

2023年8月14日 8:35

●台風7号(14日午前6時時点)

八丈島の南西の海上を1時間に約10キロと自転車並みの速度で北西に進んでいます。今後は次第に北上して近畿や東海に近づいたあと、15日(火)は近畿地方を縦断するおそれがあります。動きが遅く、近畿を中心に長い時間、荒れた天気が続く見込みです。

また、16日(水)には日本海に抜けて、その後、日本海を北上したあと、北日本に近づく可能性があります。最新の情報を確認し、天気が荒れる前に停電などへの備えを終わらせてください。

●14日(月)の天気

四国から東北の太平洋側を中心に雷を伴って激しい雨が降り、近畿、東海では夕方以降、非常に激しく降る所があるでしょう。関東は日差しがあっても突然、雨が降るなど、変わりやすい天気となる見込みです。

岩手県内では、降り始めからの雨量が600ミリを超える記録的な大雨になっている所があります。地盤が緩んでいることに加えて、さらに雨の量が増える見通しです。土砂災害などに厳重に警戒してください。

●予想最高気温

東海や北陸、九州を中心に猛烈な暑さになるでしょう。熱中症対策を忘れずに行ってください。

東京、大阪  34℃
新潟、名古屋 37℃

●週間予報

《大阪~那覇》

15日(火)は台風が縦断するおそれがある近畿で大荒れの天気が長く続く見込みです。中国、四国地方も雨が降り、雷を伴って非常に激しく降る所もあるでしょう。近畿と中国地方では16日(水)にかけて台風による雨が続きそうです。

《札幌~名古屋》

15日(火)は東海で非常に激しい雨が降り、東北南部や関東甲信、北陸も雷を伴って激しく降る所があるでしょう。東海では16日(水)も警報級の大雨となるおそれがあります。また、北日本は17日(木)にかけて台風の影響を受けそうです。