日テレNEWS
社会
2021年7月21日 12:08

五輪ソフトボール無観客で開幕 地元は声援

五輪ソフトボール無観客で開幕 地元は声援
(c)NNN

開会式まで2日となった東京オリンピック。全競技に先駆けてソフトボールの予選リーグ、日本対オーストラリアの試合が福島で行われ、日本は8対1のコールド勝ちで白星スタートを切りました。試合が終わったばかりの福島市の会場から伝えます。

試合会場となった「県営あづま球場」から数百メートル離れた場所にある「あづま総合運動公園」は、観客の入場口になるはずでした。

窓口には「全て無観客での実施になります」という紙が貼られています。11日前に無観客の方針が決まったため、こうした設備も残されている状態です。すぐ隣には、地元の小学生が贈ったアサガオが飾られています。

一方、3年前に日本代表チームが福島市の合宿で泊まった温泉旅館では、ゆかりのある選手たちを応援しようと従業員が声援を送りました。

源泉湯庵ニュー扇屋・森山雅代さん「もともと復興五輪、復興した福島を世界に見てもらいたい、復興した日本を見てもらうという思いがあってのオリンピックということだったので、ぜひ福島で勝利の旗をあげてほしい」