×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • オミクロン株に対応“改良型ワクチン”10月半ばから追加接種の方針

オミクロン株に対応“改良型ワクチン”10月半ばから追加接種の方針

2022年8月8日 17:26
オミクロン株に対応“改良型ワクチン”10月半ばから追加接種の方針

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応する改良型ワクチンについて、厚生労働省は今年10月半ばから追加接種で使用することを決めました。

厚労省は、オミクロン株に対応できるようファイザーとモデルナが開発している改良型ワクチンについて、今年10月半ばから2回目までの接種を終了したすべての人を対象に、接種を始める方向で準備することを決めました。

改良型ワクチンは、従来株とオミクロン株のBA.1の両方に対応するタイプで、BA.5とBA.4にも一定の有効性が確認されているということです。

それぞれ近く製薬会社が製造販売について承認申請する見通しで、薬事承認され次第、9月から輸入が始まり、自治体の予防接種体制が整う10月半ば以降に、接種を始める方針です。

一方、いまのワクチンの4回目接種の対象者の拡大はしない方針ですが、重症化リスクがある現在の対象者は、速やかに打つことを勧めています。