×

乳幼児への新型コロナワクチン接種始まる 生後6か月から4歳対象

2022年10月25日 17:22

生後6か月から4歳の子どもへの新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。

東京・港区の会場では、生後6か月から4歳を対象に接種が始まり、25日は事前に予約した20人が訪れました。

1歳の子どもに接種した母「いろいろ物をなめちゃったりもするので、子ども自身が感染対策をするというのは難しいので、ワクチンでコロナ対策ができるんだったらいいなと思って」

このワクチンはファイザー製で3回接種しますが、それぞれ成人用の10分の1の量です。

予防接種法の「努力義務」が適用されていますが、接種は義務や強制ではなく、本人や保護者が納得した上で判断するものです。

厚労省によりますと24日から全国に配送が始まり、準備が整った自治体から順次接種を始めます。