×

「起訴するに足りる証拠なかった」改めて不起訴処分 西海市杉澤市長ら公職選挙法違反の再捜査《長崎》

2024年5月28日 16:16
「起訴するに足りる証拠なかった」改めて不起訴処分 西海市杉澤市長ら公職選挙法違反の再捜査《長崎》

後援会への寄付を巡り公職選挙法違反の疑いで検察審査会が「不起訴不当」と議決していた西海市の杉澤市長らについて、長崎地検は再捜査の結果改めて不起訴処分としました。

不起訴処分となったのは、西海市の杉澤 泰彦市長と建設会社の会長です。

杉沢市長は、市長選挙直前の2021年3月、建設会社会長から後援会に行われた40万円の寄付について、再選を目的にしたものだとして告発されていました。

長崎地検は今年2月、2人を不起訴処分としていましたが検察審査会は先月24日「不起訴不当」と議決。それを受け、検察が再捜査していました。

長崎地検は不起訴処分の理由について、「起訴するに足りる証拠がなかった」としています。

    長崎国際テレビのニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 「起訴するに足りる証拠なかった」改めて不起訴処分 西海市杉澤市長ら公職選挙法違反の再捜査《長崎》