×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人・立岡宗一郎「(坂本)勇人さんが1球でアウトになっちゃって」 悩んで振ったらプロ初のサヨナラ本塁打

巨人・立岡宗一郎「(坂本)勇人さんが1球でアウトになっちゃって」 悩んで振ったらプロ初のサヨナラ本塁打

2022年4月10日 10:30
巨人・立岡宗一郎「(坂本)勇人さんが1球でアウトになっちゃって」 悩んで振ったらプロ初のサヨナラ本塁打
プロ初となるサヨナラホームランを放った立岡宗一郎選手
プロ野球セ・リーグ 巨人3x-2ヤクルト(9日、東京ドーム)

巨人は延長10回、途中出場の立岡宗一郎選手がサヨナラ本塁打を放ち、勝利しました。

立岡選手はこのサヨナラ本塁打が今季初ヒット。さらにプロ初のサヨナラ本塁打となりました。

10回に登板していた守護神の大勢投手にプロ初勝利もついています。

巨人は連敗を止め、セ・リーグ10勝一番乗りを決めました。

◇以下、立岡選手のヒーローインタビュー

――あの打席はどんな思いでバッターボックス入った?

(坂本)勇人さんが1球でアウトになっちゃって、打ちに行こうかちょっと悩んだんですけど、思い切っていきました。

――後ろには岡本(和真)選手。自分のところで決めてやるという思いはあった?

いや、決まるとは思っていなかったので、皆さんが一番びっくりしていると思います。

――手荒い祝福を受けてどんな気持ちだった?

最高です。

――今シーズン、どんな思いで入った14年目のシーズンか?

毎年競争が激しい中で、どうやって自分の価値を出すかっていうのを一生懸命毎年考えていて、正直苦しいことばっかりで、いつかこういう日が来ると思って、練習頑張ってこれたので今日はよかったです。

――去年、結婚してご家族も喜んでいるのでは?家族に向けてメッセージ?

またこれからもよろしくお願いします。

――今後の戦いに向けては?

僕自身もこれから(勢いに)乗っていけるように、レギュラー取るんだという気持ちを持って頑張ります。