×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「申し訳ない」5回途中4失点で降板 巨人・菅野智之 CS進出へ負けられない一戦で先発の役目果たせず

「申し訳ない」5回途中4失点で降板 巨人・菅野智之 CS進出へ負けられない一戦で先発の役目果たせず

2022年9月25日 16:01
「申し訳ない」5回途中4失点で降板 巨人・菅野智之 CS進出へ負けられない一戦で先発の役目果たせず
巨人・菅野智之投手
プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム)

巨人の先発・菅野智之投手が5回途中4失点で降板しました。

クライマックスシリーズ進出の3位の座を争う巨人は、直近2試合連続勝利の菅野投手に先発のマウンドを託します。中日先発の大野雄大投手との投手戦が予想された一戦でしたが、2回に2アウトから3連打を浴び1点を失うと、続く3回にもタイムリーを浴び、追加点を許します。

5回には先頭の1番岡林勇希選手にヒットを許すと、盗塁と進塁打で1アウト3塁のピンチ。続く3番阿部寿樹選手にセンターへのタイムリーを浴び、3点目を失ったところで降板。2番手畠世周投手も失点を喫し、リードを5点に広げられました。

菅野選手は5回途中で被安打8、4失点。大一番で先発の役割を果たすことはできませんでした。菅野投手は「大事な試合で自分の役割が果たせなくて申し訳ないです」とコメントしています。