×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人の先発・戸郷翔征 7回途中2失点で降板 その後のピンチは味方のファインプレーで高梨雄平がしのぐ

巨人の先発・戸郷翔征 7回途中2失点で降板 その後のピンチは味方のファインプレーで高梨雄平がしのぐ

2022年9月17日 20:43
巨人の先発・戸郷翔征 7回途中2失点で降板 その後のピンチは味方のファインプレーで高梨雄平がしのぐ
7回途中で降板した戸郷翔征投手
プロ野球セ・リーグ 巨人-阪神(17日、東京ドーム)

7回途中で巨人先発・戸郷翔征投手がマウンドを降りました。

7回、1アウト1、2塁とピンチを招くと代打マルテ選手にレフトへのタイムリーを浴び、1点を返されます。しかし、次の代打ロハス・ジュニア選手は内野フライに打ち取り、2アウトとしますが、ここで巨人ベンチが動きます。

マウンドに送られたのは高梨雄平投手。打席には阪神の中野拓夢選手が入ります。高梨投手の投じた5球目をつまりながも三遊間へ弾き返したあたりをショート坂本勇人選手がダイビングキャッチで抑え、ピンチを切り抜けました。

結局戸郷投手は6回2/3を投げ、103球、被安打5、失点2にまとめ、12勝目の権利も手にしています。