×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • チーム最多6勝 42歳和田毅6回2失点の好投も…「絶対にホームランだけは許されない場面だった」オリックス森友哉の一発を悔やむ

チーム最多6勝 42歳和田毅6回2失点の好投も…「絶対にホームランだけは許されない場面だった」オリックス森友哉の一発を悔やむ

2023年8月17日 20:41
チーム最多6勝 42歳和田毅6回2失点の好投も…「絶対にホームランだけは許されない場面だった」オリックス森友哉の一発を悔やむ
ソフトバンク・和田毅投手
プロ野球パ・リーグ オリックス2-1ソフトバンク(17日、京セラドーム)

ソフトバンクの先発は、パ・リーグ最年長の42歳和田毅投手。今季チーム最多の6勝をマークしているベテランにマウンドを託します。

和田投手は1-0でリードした初回、宗佑磨選手から内角コースいっぱいのストレートで三振を奪う投球。しかしその後、1アウト1、3塁から4番森友哉選手に犠牲フライを許し、1失点。1-1の同点に追いつかれます。

和田投手は2回、3回と無失点に抑えますが、4回再びオリックスの4番森選手に捕まります。2球目外角スライダーを捉えられるとライトスタンドへ13号ソロHRを打たれ2失点目。

その後は3者連続三振を奪うなど、6回まで投げきった和田投手。4被安打、5奪三振、2失点でマウンドを降りました。

和田投手は降板後「森選手への1球が本当に悔やまれます。絶対にホームランだけは許されない場面だったと思う。味方がチャンスを抑えられた次のイニングだっただけに、抑えなければいけなかった。チームに申し訳ないです」自身の投球に責任を感じさせるコメントを残しています。

ソフトバンクはオリックスの宮城大弥投手、阿部翔太投手、山崎颯一郎投手、平野佳寿投手のリレーに1得点に封じられました。