日テレNEWS
スポーツ
2022年4月30日 15:45

“1点を取りに行く” 立浪和義監督が動いた 5回までに3盗塁成功 代打に代走 采配光る

“1点を取りに行く” 立浪和義監督が動いた 5回までに3盗塁成功 代打に代走 采配光る
1点を貪欲に取りに行く姿勢を見せる立浪和義監督

◇プロ野球セ・リーグ 中日ー広島(30日、バンテリンドーム)

中日が5回までに3つの盗塁を決めています。

4回に20イニングぶりに得点したとはいえ、1点を貪欲に取りに行きたいとする立浪和義監督がこの日は活発な動きをみせました。

ビシエド選手のカウント3-2からの盗塁成功に、4回、先制点を得るプレッシャーを森下暢仁投手にかけることとなった岡林勇希選手の盗塁。

そして、5回、先発・松葉貴大投手の代打で出た郡司裕也選手の代走、高松渡選手がすかさず盗塁を成功させるなど、“立浪采配”が1点の執念を見せています。