×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】菅野智之7回に失点で悔しさあらわ 6回まで無失点ピッチングも内野ゴロで先制点許す

【巨人】菅野智之7回に失点で悔しさあらわ 6回まで無失点ピッチングも内野ゴロで先制点許す

2023年8月1日 20:14
【巨人】菅野智之7回に失点で悔しさあらわ 6回まで無失点ピッチングも内野ゴロで先制点許す
7回に失点した巨人先発・菅野智之投手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人ーヤクルト(1日、東京ドーム)

巨人先発・菅野智之投手が7回に内野ゴロで先制点を許しました。

ヤクルトと対戦した先月17日にはまさかの初回で1アウトしか取れず17球でホームラン2本、6失点し、プロ最短降板となっていました。

雪辱を果たすべく、今季3勝目をかけマウンドに上がった菅野投手はこの日は安定したピッチング。初回にヒットは許したものの、その後は打たせて取るピッチングで6回まで無失点に抑えます。

しかし7回、先頭のサンタナ選手にレフトへのツーベースヒットを許しピンチを背負うと、続く内山壮真選手に送りバントを決められ、1アウト3塁に。

その後、3塁1塁となり打席には長岡秀樹選手。初球に投じたアウトコースのフォークを打たれ打球は1、2塁間へ。このセカンドゴロの間に3塁ランナーがホームに返り、1点を失った菅野投手。続く山野太一投手をレフトフライに打ち取り3アウトとなるも悔しい表情をのぞかせました。