×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 今日も西武が先制 得点はスクイズとダブルスチール!? レオ党からは「今日は色々仕掛けるね」

今日も西武が先制 得点はスクイズとダブルスチール!? レオ党からは「今日は色々仕掛けるね」

2022年6月8日 20:14
今日も西武が先制 得点はスクイズとダブルスチール!? レオ党からは「今日は色々仕掛けるね」
ダブルスチールを成功させた西武・オグレディ選手(左)と、滝澤夏央選手(右
プロ野球セ・パ交流戦 西武ー巨人(8日、ベルーナドーム)

巨人は、4回西武に先制を許しました。

先発のシューメーカー投手は4回、西武の先頭打者・山川穂高選手を見逃し三振とします。

しかし続く栗山巧選手、愛斗選手に連続でヒットを許し1アウト1・2塁のピンチを招きます。

打席には第1打席の2回にツーベースヒットを打たれているオグレディ選手。初球はボールとし、2球目のスプリットをレフト前に運ばれ先制点を許します。

ランナー2・3塁とピンチは続き、外崎修汰選手のスクイズで3塁ランナーが生還し2失点とします。

その後、滝澤夏央選手にフォアボールを与え2アウト1・3塁とされると、打席には若林楽人選手。

シューメーカー投手が、2球目を投げる直前に1塁ランナーの滝澤選手がスタート、巨人捕手の小林誠司選手の2塁への送球の間に、3塁ランナーのオグレディ選手もスタートしホームに生還。“ダブルスチール成功”となりました。また、滝澤選手はプロ初盗塁です。

西武は、この回「スクイズ」と「ダブルスチール」などで3点を先制しました。

この作戦にレオ党は「オグちゃんでダブルスチールはたしかに意表をつく作戦」「今日は色々仕掛けるね」などの声が寄せられています。