×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「1番三森、2番牧原は何か起こる」ソフトバンク オリックス山本由伸から連打で2点をリード

「1番三森、2番牧原は何か起こる」ソフトバンク オリックス山本由伸から連打で2点をリード

2022年5月3日 16:36
「1番三森、2番牧原は何か起こる」ソフトバンク オリックス山本由伸から連打で2点をリード
4回、三森大貴選手(左)牧原大成選手(右)の連打でソフトバンクが3-1のリード
プロ野球パ・リーグ ソフトバンク―オリックス(PayPayドーム)

1-1で迎えた4回、均衡を破りたいソフトバンクは三森大貴選手、牧原大成選手の連続タイムリーヒットで2点を追加しました。

昨季投手4冠のオリックス・山本由伸投手に対し、2アウトながら1、3塁とチャンスを作ると、三森選手は山本投手のフォークを捉え、センター前へタイムリーヒット。

続く牧原選手も2球目のカットボールを捉え、この回、山本投手から2点を奪い、3-1でリードしました。

ネットでは「1番三森、2番牧原は何か起こる」「難敵・山本から三森牧原の連続タイムリーでホークス再び突き放した」とファンが喜びの声をあげています。