×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】カード負け越しで3位広島とゲーム差2.5に広がる 延長で大江竜聖&三上朋也が打たれる

【巨人】カード負け越しで3位広島とゲーム差2.5に広がる 延長で大江竜聖&三上朋也が打たれる

2023年7月13日 21:58
【巨人】カード負け越しで3位広島とゲーム差2.5に広がる 延長で大江竜聖&三上朋也が打たれる
原辰徳監督(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 広島6-1巨人(13日、東京ドーム)

巨人は延長で大江竜聖投手と三上朋也投手が踏ん張れず、カード負け越しとなりました。

巨人は0-0の4回、先頭のキャプテン岡本和真選手が2ベースを打ちチャンスを演出。

その後、1アウト1、3塁とチャンスを広げ、吉川尚輝選手が犠牲フライを打ち、1点を先制します。

しかし6回。ここまで無失点に抑えていた先発の戸郷翔征投手が、2アウト1、3塁のピンチを招きます。

戸郷投手はスライダーで松山竜平選手にゴロを打たせますが、打球は高く跳ねてファースト中田翔選手の頭を越え、セカンドの吉川選手がなんとか捕球するも送球がそれて、同点に追いつかれます。

8回と9回には満塁のチャンスを作るも、吉川選手と中山礼都選手が凡退。得点を挙げられず、試合は延長に突入します。

すると11回、6番手の大江投手が2アウト2、3塁のピンチで坂倉将吾選手に勝ち越しタイムリーを打たれ降板。

さらに代わった三上投手も堂林翔太選手にタイムリーを許し、巨人は敗戦。カード負け越しで、3位広島とのゲーム差が「2.5」に広がりました。