日テレNEWS
スポーツ
2022年7月7日 20:18

オリックスが杉本裕太郎のタイムリーなどで3点を先制 プロ初先発・椋木蓮を援護

オリックスが杉本裕太郎のタイムリーなどで3点を先制 プロ初先発・椋木蓮を援護
6回に先制のタイムリーを放ったオリックス・杉本裕太郎選手

◇プロ野球パ・リーグ オリックスー西武(7日、京セラドーム)

オリックスが杉本裕太郎選手のタイムリーなどで3点を先制。プロ初先発の椋木蓮投手に援護点をプレゼントしました。

両チーム無得点で迎えた6回、オリックスは西武先発・今井達也投手からこの回先頭の安達了一選手がヒットで出塁します。

その後フォアボールなどで1アウト2塁1塁のチャンスを作ります。ここで杉本選手がライト線へタイムリーを放ち1点を先制。好投を続ける椋木投手に貴重な援護点をプレゼントしました。

オリックスはその後、西武のフィルダースチョイスと紅林弘太郎選手の犠牲フライで追加点。この回3点を奪いました。