日テレNEWS
スポーツ
2022年6月22日 20:13

“つかの間の同点”中日3点差追いつくも再びリード許す 祖父江大輔がヤクルト濱田太貴に2ランHR

“つかの間の同点”中日3点差追いつくも再びリード許す 祖父江大輔がヤクルト濱田太貴に2ランHR
中日・祖父江大輔投手

◇プロ野球セ・リーグ 中日-ヤクルト(22日、バンテリンドーム)

2点を追いかける中日は5回、1アウト満塁のビッグチャンスを迎えると3番・高橋周平選手が、ヤクルト先発の原樹理投手から四球を選び、押し出しで1点差。

さらに4番・A.マルティネス選手がライトに犠牲フライを放ち、3塁ランナーがホームに帰還。粘り強く、この試合あった最大3点差から追いつき3-3の同点にしました。

しかし直後の6回、中日2番手・祖父江大輔投手がヤクルト・7番・濱田太貴選手に6号2ランHRを打たれ失点。再びリードを広げられました。