日テレNEWS
スポーツ
2022年6月21日 20:23

1点を取りに行く立浪和義監督 あたっている阿部寿樹に代走 代打の切り札“溝脇カード”もきって同点に!

1点を取りに行く立浪和義監督 あたっている阿部寿樹に代走 代打の切り札“溝脇カード”もきって同点に!
1点を取りに行く采配を見せた立浪和義監督

◇プロ野球セ・リーグ 中日-ヤクルト(21日、バンテリンドーム)

ミラクル8を迎えた中日は先頭打者の阿部寿樹選手が、フォアボールを選び、出塁。

ここまで1安打でまだ2塁を踏んでいない中日はここで阿部選手に代走・高松渡選手を送りました。

打席には木下拓哉選手。送りバント失敗などもありましたが、5球目のカットボールをライト前に落とすと、高松選手は一気に3塁へ。

ノーアウト1、3塁で代打の切り札、溝脇隼人選手が告げられました。バンテリンドームの盛り上がりは最高潮に。ここはライアン小川泰弘投手が踏ん張り、併殺打を打たされましたが、同点に追いつきました。