日テレNEWS
スポーツ
2016年3月8日 8:53

シャラポワ選手、ドーピング検査で陽性反応

シャラポワ選手、ドーピング検査で陽性反応
(c)NNN

 テニスの世界4大大会全てで優勝を経験したロシアのマリア・シャラポワ選手(28)が、ドーピング検査で陽性反応を示したことを明らかにした。

 シャラポワ選手は7日、アメリカ・ロサンゼルスで会見し、1月の全豪オープンの際のドーピング検査で、陽性反応が示されたことを明らかにした。

 シャラポワ選手「私は大きな間違いを犯しました。みなさんの前で説明することが重要だと思いました」

 シャラポワ選手は、10年間服用してきた「メルドニウム」という薬が今年1月から新たに禁止薬物に指定されたことを知らずに、服用し続けていたという。今後の進退については、「こんなことで競技人生を終わらせたくない」と述べ、引退を否定した。

 国際テニス連盟はシャラポワ選手に対し、今月12日からの暫定的な出場資格停止処分を発表した。