×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【侍ジャパン】先発・今井達也が4回2失点で途中降板 初回から156キロ直球など力投見せるも

【侍ジャパン】先発・今井達也が4回2失点で途中降板 初回から156キロ直球など力投見せるも

2023年11月19日 20:43
【侍ジャパン】先発・今井達也が4回2失点で途中降板 初回から156キロ直球など力投見せるも
4回2失点で降板した侍ジャパン先発・今井達也投手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
アジアプロ野球チャンピオンシップ2023 日本-韓国(19日、東京ドーム)

侍ジャパンの先発・今井達也投手は4回77球を投げ、5安打2失点でマウンドを降りました。

初回から156キロのストレートを投げ込むなど、力強い投球を見せていた今井投手。2回には2アウト1、2塁のピンチを招くも、続く打者を152キロのストレートでレフトフライに仕留め、無失点に抑えていました。

しかし3回、先頭打者をフォアボールで出塁させると、そこから味方のエラーも絡み2失点。先制点を献上しました。

4回にも連続ヒットを許し、2アウト1、3塁としますが、ここは151キロのストレートで押し込みライトフライに打ち取った今井投手。失点を2に抑え、5回からは根本悠楓投手にマウンドを託しました。

その後、侍ジャパンは牧秀悟選手のソロHRで1点を返すと、6回にも犠牲フライで得点をあげ、同点に追いついています。