×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「一球一球一生懸命投げるだけ」侍ジャパン・今井達也が決勝戦に先発登板 後輩の活躍には刺激

「一球一球一生懸命投げるだけ」侍ジャパン・今井達也が決勝戦に先発登板 後輩の活躍には刺激

2023年11月19日 11:30
「一球一球一生懸命投げるだけ」侍ジャパン・今井達也が決勝戦に先発登板 後輩の活躍には刺激
決勝に先発予定の今井達也投手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
アジアプロ野球チャンピオンシップ2023

大会3連勝を飾った侍ジャパンは、19日に行われる決勝戦で今井達也投手に先発のマウンドを託します。

今井投手はプロ7年目の今季、西武で19試合に先発登板し、10勝5敗、防御率2.30をマーク。自身初となる2桁勝利を挙げ、オーバーエージ枠で侍ジャパンに選出されました。

大一番となる舞台に今井投手は、「ピッチャー陣が凄い頑張っていると思うので、しっかり抑えられるように頑張りたいと思います」と意気込みました。

また、「宮崎で投げているときとドームで投げているときでは、ボールの滑り具合が若干違うみたいなので、登板し終わった選手に聞いているので対応していければ」と投手陣に助言を求めたことを話しました。

オーストラリア戦では、同学年の早川隆久投手が、5回パーフェクトの好投。西武の後輩である隅田知一郎投手は韓国戦に先発し、7回無失点で勝利をもたらしました。

特に後輩の活躍には刺激を受けているようで、「(隅田投手は)普段から見ている選手なので、年下ですけど、僕も頑張らなきゃいけないなと思いました」と闘志を燃やします。

決勝に向けては、「本当にやれることを精一杯やるだけだと思っているので、ただ一球一球一生懸命投げるだけ」と力を込めました。