×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【阪神】約5時間の首位攻防第2戦は延長12回引き分け ゲーム差なしも首位をキープし第3戦へ

【阪神】約5時間の首位攻防第2戦は延長12回引き分け ゲーム差なしも首位をキープし第3戦へ

2023年7月29日 23:50
【阪神】約5時間の首位攻防第2戦は延長12回引き分け ゲーム差なしも首位をキープし第3戦へ
阪神・岡田彰布監督
プロ野球セ・リーグ 阪神2ー2広島(29日、甲子園球場)

ゲーム差なしで迎えた、阪神と広島のセ・リーグ首位攻防第2戦。

前日に10連勝中の広島を破り首位に返り咲いた阪神は、2年連続最多勝のエース青柳晃洋投手が先発。

青柳投手は初回、広島打線の先頭・小園海斗選手に内野安打で出塁を許しますが、後続には巧みな投球術でヒットを許さず。無失点で幸先のよいスタートを切ります。

その裏、打線が青柳投手を援護。近本光司選手の右中間への2ベースヒット、中野拓夢選手のレフト前ヒットで1、3塁のチャンスを迎えると、4番の大山悠輔選手が犠牲フライを打ち、1点を先制します。

しかし、1点リードの3回。青柳投手は1アウト2塁の場面で、小園選手にタイムリーを浴びて失点。1-1の同点に追いつかれます。

それでも阪神は1-1の6回。1アウトから佐藤輝明選手が2球目のカットボールを完璧に捉えると、右中間スタンドへ第12号ソロホームラン。阪神が再びリードを奪います。

勝ち越し点をプレゼントされた青柳投手はその後も安定したピッチングで得点を許さず。7回7奪三振1失点の好投で勝ち投手の権利を持ってマウンドを降ります。

しかし直後の8回。1アウト1塁の場面で登板した3番手・岩貞祐太投手が小園選手にタイムリー2ベースを打たれ、再び同点に。青柳投手の今シーズン4勝目もお預けとなります。

その後は9回まで両チーム得点なく、試合は延長戦へ突入。

11回には広島の7番手・戸根千明投手のチェンジアップを森下選手が捉え、高々と弧を描くも、フェンス手前のレフトフライ。得点まであと一歩及びません。

最終12回までスコアは動くことなく、4時間56分にわたる熱戦は、2-2のまま引き分けに終わりました。

阪神はゲーム差なしの首位をキープし、30日に首位攻防第3戦を迎えます。