日テレNEWS
スポーツ
2022年5月13日 19:21

「切り替えが素晴らしすぎる」中日・先発大野雄大“女房役”石橋康太の援護から“ギアチェンジ”

「切り替えが素晴らしすぎる」中日・先発大野雄大“女房役”石橋康太の援護から“ギアチェンジ”
3回を投げ3安打1失点と力投する中日・大野雄大投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-中日(13日、東京ドーム)

中日の先発・大野雄大投手が3回を投げ、3安打3奪三振1失点と力投しています。

初回、巨人の先頭・丸佳浩選手にホームランを打たれ先制を許すも、後続を打ち取り1点で凌ぎます。

“女房役”キャッチャーの石橋康太選手のタイムリーで援護をもらった2回、大野投手の投球も“ギアチェンジ”。

先頭の中田翔選手が全く手が出ないインコース低めのストレートで見逃し三振を奪うと、続くバッターには変化球でタイミングをずらしこの回三者凡退に抑えます。

3回もヒットは許すものの、得点は与えず、3回を投げ3安打3奪三振1失点と力投しています。

中日ファンもSNSで「切り替えが素晴らしすぎる」「このまま頼むぞ」と称賛の声が寄せられています。