×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「大勢の穴はでかかった」絶対的守護神・大勢不在の巨人 9回に今村・デラロサがマウンド上がるも大山に同点2ラン許す

「大勢の穴はでかかった」絶対的守護神・大勢不在の巨人 9回に今村・デラロサがマウンド上がるも大山に同点2ラン許す

2022年5月20日 21:53
「大勢の穴はでかかった」絶対的守護神・大勢不在の巨人 9回に今村・デラロサがマウンド上がるも大山に同点2ラン許す
9回に2ランホームランを打たれ同点に追いつかれた巨人・原辰徳監督
プロ野球セ・リーグ 阪神-巨人(20日、甲子園球場)

絶対的守護神・大勢投手が不在の中、2点リードの9回、マウンドには2番手・今村信貴投手が上がります。

先頭・中野拓夢選手、続くマルテ選手をショートゴロに抑え簡単に2アウトを取るも佐藤輝明選手にレフト前ヒットを打たれます。

ランナー1塁とした場面で原監督は継投を選択。3番手・デラロサ投手がマウンドに上がります。打席にはこの日1本ヒットを放っている大山悠輔選手。2ストライクからの3球目、変化球を捉えられ打球はレフトスタンドへ。同点2ランホームランとなりました。

SNSでは「大勢の穴はでかかった」「改めて大勢の偉大さを感じた」といったコメントが寄せられています。