×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

立浪監督“序盤2度目のリクエスト”は成功 中日チャンス広げるも得点は奪えず

2023年8月3日 19:25
立浪監督“序盤2度目のリクエスト”は成功 中日チャンス広げるも得点は奪えず
中日・立浪和義監督
プロ野球セ・リーグ 中日-阪神(3日、バンテリンドーム)

中日の立浪和義監督が、1点ビハインドの3回裏の攻撃に2度目のリクエスト。

その場面は、失点直後の3回裏の攻撃。先頭打者の8番龍空選手がセーフティバントし、1塁へ走るもアウトの判定。3回表、阪神のホームイン時にリクエストを失敗していたたため、この場面でも失敗すれば、この試合のリクエストの権利消滅もある中、立浪監督は2回目のリクエスト。

リプレー検証が行われ、阪神のファースト・大山悠輔選手の足が1塁ベースから離れていたとして、判定が覆りセーフとなりました。このリクエストは成功し、チャンスを広げた中日。その後、2番岡林勇希選手が四球で出塁し、2アウト1、2塁と得点圏にランナーを進めますが、3番細川成也選手が空振り三振。中日はリクエストからチャンスを作るも、得点を奪うまでにはいたりませんでした。