×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 中日・山下斐紹が「打」で見せた 昨季チーム打率最下位 ルーキー鵜飼航丞もフェンス直撃2塁打

中日・山下斐紹が「打」で見せた 昨季チーム打率最下位 ルーキー鵜飼航丞もフェンス直撃2塁打

2022年3月5日 17:58
中日・山下斐紹が「打」で見せた 昨季チーム打率最下位 ルーキー鵜飼航丞もフェンス直撃2塁打
今季バッティングに専念するよう立浪和義監督から言われた中日・山下斐紹選手
プロ野球・オープン戦 中日5-1ヤクルト(5日、バンテリンドームナゴヤ)

プロ野球・中日の山下斐紹(あやつぐ)選手が7回、自身オープン戦第1号となる3ラン本塁打をライトスタンドに放ちました。

ヤクルト先発、高橋奎二投手のキレのあるまっすぐを打ちあぐねていた中日打線。6回にヤクルト2番手の梅野雄吾投手から大卒ルーキーの鵜飼航丞選手がフェンス直撃の2塁打を放つと、高橋周平選手がタイムリーを放ち、2-1と勝ち越しに成功します。

7回には岡林勇希選手のヒットなどで1アウト2塁3塁のチャンスに、今季バッティングに専念するよう立浪和義監督から言われた山下選手。

石山泰稚投手のスライダーをライトスタンドに運ぶホームランで、だめ押しの追加点。

「手応えは完璧でした。オープン戦ですけど、結果が出てよかった。打つだけではなく、守備や声などいろんなところでもっとアピールしていきたいです」と山下選手はコメントしています。

SNS上ではファンから「あやつぐ~」と熱狂的な声が上がりました。

昨季チーム打率は.237とセ・リーグ最下位だった中日打線。この日の試合では10安打と、今季は貧打解消に期待がかかります。