×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 阪神・佐藤輝明 今季甲子園“初タイムリー”はやっぱりサトテルファンも「打球速すぎて火吹いてた」と絶賛

阪神・佐藤輝明 今季甲子園“初タイムリー”はやっぱりサトテルファンも「打球速すぎて火吹いてた」と絶賛

2022年3月4日 17:02
阪神・佐藤輝明 今季甲子園“初タイムリー”はやっぱりサトテルファンも「打球速すぎて火吹いてた」と絶賛
2022年甲子園球場初タイムリーを放った阪神・佐藤輝明選手
プロ野球・オープン戦楽天2―1阪神(4日、阪神甲子園球場)

今シーズン、本拠地・甲子園球場で初の試合を行った阪神。昨シーズン、ルーキーながら24本塁打を放った2年目の“サトテル”こと佐藤輝明選手(22)は4番ライトでスタメン出場しました。

第1打席は2アウトながらランナー3塁とチャンス。楽天の先発・則本昂大投手のフォークに、バットを折られながらもライト前へ運びタイムリーヒット。これが2022年甲子園球場“初のタイムリーヒット”となりました。

さらに第3打席、ライナー性で飛んだ打球はライトフェンス直撃のツーベースヒット。さらにライトが打球の処理にもたついている間に佐藤選手は3塁へ進みます。

あとひと伸びでホームランという打球にファンもSNSで「打球速すぎて火吹いてただろ」「佐藤輝明の打球音最高」、「甲子園以外ならHR」などと盛り上がりを見せました。

佐藤選手はこの試合4打数2安打1打点の活躍。これでオープン戦3試合を11打数5安打2打点とし、開幕4番に向けて、大きく前進しました。