日テレNEWS
スポーツ
2022年6月10日 19:11

「呉念庭に離脱されたら終わる」西武・呉念庭 自打球が右ヒザを直撃でSNSで心配の声

「呉念庭に離脱されたら終わる」西武・呉念庭 自打球が右ヒザを直撃でSNSで心配の声
自打球が右ヒザを直撃し負傷交代した呉念庭選手

◇プロ野球セ・パ交流戦 西武ー広島(10日、ベルーナドーム)

3回、2-2の同点に追いつかれた西武。2アウトを簡単に取られると、打席には呉念庭選手が立ちます。

しかし、2球目のカットボールに対して振った打球が右ヒザを直撃。

打席に倒れ込んだ呉選手。自分の足で歩けず、両脇を抱えられながら、ベンチ裏に治療のために戻りました。

SNSでは「ヒザが伸びきった所に当たっちゃったけど」「自打球でしかもめっちゃ痛いところやん」「呉念庭に離脱されたら終わる」などの声が寄せられています。

呉選手はそのまま負傷交代となり、平沼翔太選手が代わりに入っています。