日テレNEWS
スポーツ
2022年7月7日 18:38

巨人・シューメーカー 初回からヤクルト打線につかまり打者一巡で5失点 ファンからは「まだ初回、取り返せ!」の声

巨人・シューメーカー 初回からヤクルト打線につかまり打者一巡で5失点 ファンからは「まだ初回、取り返せ!」の声
初回から5失点の巨人・シューメーカー投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-ヤクルト(7日、東京ドーム)

巨人・シューメーカー投手は初回、ヤクルト打線が一巡する5安打を許し、5点を失いました。

初回、ヤクルト先頭の塩見泰隆選手をサードゴロに打ち取るも、続く山崎晃大朗選手に四球を与えてしまいます。

ここで打席には山田哲人選手。カウント1-1からの3球目、ライト線へ強い当たりを放つと、ファーストランナーの山崎選手が快足を飛ばし一気にホームへ。ヤクルトが1点を先制します。

その後もシューメーカー投手はヤクルト打線を止めることができず、青木宣親選手、内山壮真選手、長岡秀樹選手にタイムリーを許し、打者一巡の猛攻で5点を失いました。

SNSでは「まだ初回、取り返せ!」「シューメーカーは立ち上がりが課題だな」といったコメントが寄せられています。